New Entries

02/14 (Sun)   引退勧告
12/31 (Thu)   2009年の終わりに
11/30 (Mon)   今居る生体の状態UPを目指して
11/25 (Wed)   今年最後になるかな,生体購入。
11/15 (Sun)   シアバク爆殖中
                   こんなことを書きました♪

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キイロサンゴハゼの孵化計画

2009年01月31日 20:33

キイロサンゴハゼの産卵から5日ほど。これまでの経験上,そろそろハッチアウトしそうです。

そこで↓

CIMG0755_convert_20090131201932.jpg
隔離しました。ミドリイシへの負担を和らげるよう,メッシュの孵卵箱を準備しました。

オスと思われる子は,サンゴを移動させる際に離れました。

上から撮影すると↓

CIMG0758_convert_20090131202115.jpg

こんなかんじです。

さて,どうなるか。。。明日へのお楽しみです(^_^)

スポンサーサイト

ゆかいな仲間 第4回「ショウガサンゴ(?)」

2009年01月30日 20:22

今朝起きたら,エメラルドグリーンクラブの1匹が☆になっていました。

最近ようやくバロニアを食べるようになってきたので,近いうちに紹介しようと思っていたのですが…

合掌です。。。

CIMG0678_convert_20090130200848.jpg

ネットオークションでショウガサンゴとして出品されていた子です。

いろいろ調べてみると,「ショウガ」より「フトトゲ」に近いような感じがします。

我が家のレッドシーマックスの環境で,よくポリプを出し,大きくなっています。

安心して見ていられるサンゴで,お気に入りの一つです。

水温低下対策

2009年01月29日 21:58

シアノらしきものが見られたので,念のため,しばらく測っていなかった水質を測定しました。

pH…8.3   PO4…0   NO3…0

吸着剤は使っていません。やはり,レッドシーマックスのろ過能力は高いです。

ミドリイシの不調を水温低下にあると見て対策を考えます。

当方ではこの時期,最高気温5℃以下,最低気温氷点下という日々が続きます。室温は10℃以下になることが多いです。

周囲の温度を22℃で推奨しているレッドシーマックスのヒーターでは,水温が低下する速さに対応できないのだと思います。そこで…

対策その1  日中留守にしている部屋の室温を,タイマー付きの暖房機を使って維持する。

対策その2  夜間は省エネボードで囲って保温する。

その結果,対策前は19℃まで低下していた水温が,22℃までの低下で抑えられるようになりました。しかし,依然として22℃~25℃の間で上下しており,ストレスの多い環境であることは間違いありません。

ああ,春よ来い…

何かが足りない

2009年01月28日 21:07

KH…11   NO3…0    比重…1.023
PO4…0   Cal…480

問題ないように見えます。でも,何かがおかしい…

DSC_0383_convert_20090128203508.jpg

おかしいと思うワケ

その1 石灰藻が増えない

その2 ミドリイシの成長がアヤシイ(溶けた部分の共肉が戻らない,色が揚がらない)

その理由として思うこと

その1 水温の乱高下(ひどいときで19℃~25℃)

その2 添加剤の使用でイオンバランスが崩れている(KENTヨウ素,パープルアップ,カミハタのストロンチウム・マリントレースエレメントを使用)

昨年の夏場は石灰藻が増え,秋にはミドリイシも成長を見せていたのですが,今は停滞しています。

ゆかいな仲間 第3回「タコアシブランチ」

2009年01月27日 20:27

久しぶりの水質測定です。

KH…11   NO3…0   比重…1.023

最近はこれだけ,2週間に1回くらい測っています。レッドシーマックスのろ過システムは実に良くできていると思います。

DSC_0364_convert_20090127201045.jpg

レッドシーマックス立ち上げ1ヶ月後にやってきたタコアシブランチです。

購入時は,いかにもサンゴらしい揺れ方(?)が気に入ったのですが,それからかなり大きくなりました。はっきり言って困っています。

写真では水流に揺れて元気よさそうに見えますが,水流を止めるとドローンとしています。きっと正常でない成長をしているのでしょう。原因はわかりませんが。。。

毒性は強いようで,触れたサンゴは溶けてしまうようです。魚はうまく避けて泳いでいます。カクレクマノミも入っていくことはありません。

長生きしそうです… また複雑な気分。。。

キイロサンゴハゼの産卵-その2-

2009年01月26日 20:44

DSC_0376_convert_20090126203114.jpg
粗い画像ですみません…
ブログ立ち上げを機に,一眼デジカメ買い換えようかな…レンズだけでも。。。

中央にいるキイロサンゴハゼの右隣,ミドリイシ(ハイマツ)の溶けている部分についている白いつぶつぶが卵です。

これまで何度も同じところに卵を産み付けています。その部分のミドリイシが溶けています。

たぶんオスらしき片方が,いつも卵に張り付いて監視(?)しています。

他の魚が近づくと,普段は見せないスピードでビューッと泳いで威嚇し,またビューッと戻っていきます。これにはビックリです。

もう片方のメスらしき個体は,相変わらずのほほんと,ミドリイシを渡り歩いています。
自然界とは,実に難解なものです。。。

キイロサンゴハゼの産卵

2009年01月25日 20:50

DSC_0373_convert_20090125203257.jpg
2匹飼っているキイロサンゴハゼがペアになっているらしく,産卵しました。

と言っても,これでもう何度目になったやら… しかし,ハッチアウトまでは至っていません。

キイロサンゴハゼは,産卵から孵化まで5日間位と短期間で行わるそうです。我がMAX水槽でも,ハッチアウト寸前まではいくのですが,稚魚が泳いでいる姿を見たことはありません。

オスと思われるほうがせっせと世話している様子は見られるのですが…

ミドリイシに卵を産み付けるのですが,ミドリイシにとっては迷惑のようで,生み付けられた箇所が溶けていきます。キイロサンゴハゼはかわいいのですが…どうしたらよいものかと思案中です。

数日したら,産卵したサンゴごと隔離して様子を見ようと思います。

 

ゆかいな仲間 第2回「ナンヨウハギ」

2009年01月24日 20:34

CIMG0729_convert_20090124202245.jpg
つい先日,近くのペットショップで衝動買いしました。
と言っても,前々から欲しいと思っていたので念願が叶いました。
体長2センチの,ちっこいナンヨウハギです。
水槽に入れた翌日の朝,下を向いて漂っていたので,☆になったかと思っていたら,胸びれをパタパタして動いていました。
エサもよく食べ,他のタンクメイトとも仲良くしています。

名前は…「ドリ男(どりお)」

しかーし,ナンヨウハギも自然界ではかなーり大きくなるようで,今後の成長が見放せないところです。。。

ゆかいな仲間 第1回「キイロハギ」

2009年01月23日 20:22

CIMG0727_convert_20090123195807.jpg
昨年の暮れ,我が家のMAXにやってきたキイロハギです。
名前は「トシ」。
ネーミングライツを持っている妻が,全く単純な発想で命名しました。
我がMAXで増えつつあるバロニア退治に効果ありということをネットで知り,近くのペットショップで購入しました。

しかーし…バロニアは全くつつきもしません。

糸状藻類は大好きなようで,バリッとむしってはおいしそうに食べています。それなりにお掃除をしてくれているようです。
その口先からして,浮遊性のフレークを食べるのは苦手で,粒状のゆっくりと落ちるエサを上手に食べています。

体長は10センチ程です。一度水族館で見たのですが,自然界ではかなり大きくなるようでビックリしました。

MAXにメタハラ

2009年01月22日 20:48

CIMG0721_convert_20090122203432.jpg
MAXの良さを理解しながらも,メタハラを2灯設置しています。
カミハタのネオビーム(ブルー球)と,スーパークール115(アクアブルー球)です。
MAXの照明110Wも生かすため,フロントのパネルを開いての照射です。
メタハラの吊り下げには,ネットで見つけた突っ張り棒を使っています。
結構な重量にも耐え,便利です。

しかし,メタハラの高価なこと…
ヤ○オクで,できるだけ安価なものをしばらく探していましたが,出品されるもののほぼすべてが,新品に近い値まで競られます。
写真のものも,やっとの思いで手に入れました。

とは言え,設置から1ヶ月あまり経ちますが,ミドリイシの状態にはあまり変化がなく,のんびりと見守っているところです。

MAXにCaリアクター設置

2009年01月21日 20:38

CIMG0719_convert_20090121201354.jpg
昨年の7月に,ブリードのハイマツミドリイシ2つをMAXに入れました。
比較的暗めの照明でも飼育できる,丈夫だと言われている種類のようですが,1ヶ月もすると徐々に溶けてきました。
当時まだ無知だった私は,「KH」なるものがサンゴ飼育に重要であることを知り,早速試薬を購入して測定してみました。

結果……4。。。

高ければ良いというものでもなさそうなのですが,これは明らかに低い数値でした。
それに気付いた頃は添加剤で凌いでいましたが,昨年10月,思い切ってCaリアクターを設置することにしました。

しかし,Caリアクターは高すぎる! とても手が出るものではない…と思いながらいろいろと探してみると,世の中には実に良心的な方がいるものです。

ネットを通じ,まさに激安の価格で購入することができました。写真の通り,セカンドリアクターまでついています。
自作とのことですが,動作には何の問題もなく,数ヶ月経った今もバリバリ稼働中です。

KH 11~12,Ca 480ppm前後で安定しています。

とりあえず,サンゴの状態は維持することができています。
MAX上部全面のアクセスパネルを開き,吸水と排水チューブを入れています。

水換え(冬バージョン)

2009年01月20日 20:00

CIMG0716_convert_20090120195717.jpg
今日は,毎週恒例の水換えの日です。
以前は週末に行っていたのですが,ついついずれ込んでしまいました。
我が家の水換えの仕方は以下の通りです。

1.浄水器(エキスパートマリン+RGダッシュ)で10リットルの純粋を貯める(約1時間)。
2.レッドシーのコーラルプロソルトを300グラム溶かす。
3.1日エアレーションする。
4.ヒーターで26℃まで温める。
5.水槽の水を10リットル抜き,新しく作った人工海水を入れる。

ミドリイシの健康を考えると,もう少し水を換えた方が良いのでしょうが,経済的・時間的にも限界です。
他のMAXユーザーのみなさんはどうなさっているのでしょうか…

我が家のレッドシーマックス

2009年01月19日 20:44

CIMG0714_convert_20090119203836_convert_20090119205324.jpg
これが現在の我が家のマックス水槽です。

初心者ながらミドリイシに挑戦していますが…

照明やその他器具を設置しています。

レッドシーマックスは,照明や水流等,設備の拡張面では難ありとされています。

さて,これからどうしていきますやら…

飼育歴1年

2009年01月18日 21:01

海水魚飼育を始めて1年になります。
最近やっとノウハウがわかってきたところです。
レッドシーマックスでの海水魚,サンゴ飼育について,さまざまなチャレンジをしています。
このブログで,少しずつ公開していきたいと思っています。

はじめまして

2009年01月18日 20:11

今日からブログをはじめる初心者です。
主に,レッドシーマックスでの海水魚,サンゴ飼育について書き込もうと思っています。

1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。